求人側にとって有意義な採用支援について

現在の日本では、企業が生き残りをかけて競争をしている時代になっています。また大変な不景気と言われており、リーマンショック以降から、かなりの格差が各ご家庭でも問題になっているほどです。今後の日本は、大変な学歴格差、収入格差などが押し寄せる形となる、と言われています。多くの色々な分野の様々な企業もこの波にのまれ、いつどこの大企業が生き残り、逆に消えてしまうのかが分からない時代となってしまいました。こうした中、現在、「採用支援」というものがあります。この採用支援というものは、企業側にとっても雇用をされる側にとっても、このような厳しい時代を生き残るための大切なものになります。優秀な人材を育てるためには、採用支援はとても重要ですが、間違った採用支援を行ってしまうと、せっかくの人材が潰れてしまう可能性もあるわけです。

有意義な採用支援とは一体何か?

企業側にとって、有意義な採用支援とは、当然ですが「会社に利益をもたらせてくれる人材の確保」と「そのような人材を育成していくという採用支援」この2つです。優秀な人材であっても、社内に問題などがあると、当然ですが人はダメになってしまいます。そのため、そのようなことがないように、社内教育などや人道的な教育を行う必要もありますし、このような支援、指導を行っていく上では、人が人につぶされる、ということはありません。優秀で、社員がとても入りたいと希望している企業の採用支援の場合には、まずは個々の能力が高めることも大事ですが、連携プレイ、他人を尊重できるような会社作りを心がけている、とされています。そのため、みんながお互いを尊重し合い、そして素敵な会社を、そして商品などを作っていける会社になっていく、なっていった、とされています。

即戦力となる採用支援も必要なことが

採用支援の段階で、即戦力となる支援を行えるということは、これから現場に赴く方々にとっては、とても有意義なことになります。これは、実際の企業などであっても、まったく関係のない採用支援を行ってしまいながら、一方で現場には「しっかりと採用支援をしてあるからすぐに使える人材だ」という報告を行ってしまっている会社などもあります。しかし、ここで最も困るのは、このような支援を受けた方たちです。実際の現場とは異なることを支援として教えてもらっても、それは会社の方針や制度などの仕組みであり、実際の現場で役立つことは、何一つ教えてもらえないまま、急に現場に放り出される形になりますので、当然ながら、大変な目に遭ってしまうのです。そのため、企業が行うべき採用支援とすれば、現場ですぐに使える技術などを与えること、と言えます。