一口に採用支援と言ってもどのようなものがあるのか

マナーや挨拶、このようなものは社会人として基本であり、同時に出来なければ困るくらいのものです。しかし、このようなマナーや挨拶を、大学や高校などでしっかりと学ぶことが出来ないまま、ただ闇雲に就職活動を行い、そこから、就職出来ないというパターンはとても多いです。これは、多くの人はきちんと社会に出る前に、ある程度の礼儀作法、マナーなどは出来ているものの、コミュニケーション能力が低い方、また極端に低い方の場合には、しっかりとしたマナー、挨拶などが出来ないために、書類選考が合格レベルでも、面接の段階で、不採用とされてしまうのです。こうしたことを避けるために、マナーレベルの向上、挨拶などのやり方、これらの基本的な部分を採用支援してもらい、そこから、採用をもらえるために努力する、という流れになっています。

マナーなどに関して教えてもらう

社会人にとって、マナーは必要不可欠です。その理由に関しては、どうしてもマナーがしっかりとしていないと、人は、相手にとって不快さを感じてしまうからです。特に、お客様などを相手とする場合には、マナーがない人は大変に会社にとっても、迷惑な人になってしまいます。逆に、はきはきと丁寧に話す、笑顔で応対をする、このようなことが出来る人は、会社としてもお客様からの評判がいいために、使いやすく、また重宝しやすいものです。こうしたことから、毎回、採用面接の段階で、採用試験に落ちてしまう人には、このようなマナーなどに関しての講義などを行い、それを練習していきます。こうした採用支援を受けて、笑顔なども作れずに、かなりのマナーの悪い人、と思われていた人が、無事に就職出来るようになっていくのです。

挨拶の仕方など基本的なことから

採用支援の関係で、教えてもらうことが多いものは、意外にも挨拶の仕方など、初歩的なものです。この初歩的なことが、意外にも出来ていないために、残念ながら潜在的な能力はあるものの、社会人として通用出来ない、そんな人もいるために、挨拶の仕方などから採用支援が行われる、ということがあります。採用支援とは、このように、もともとの力、例えばパソコンの技術などはずば抜けているのにもかかわらず、コミュニケーション能力がゼロであったり、挨拶がしっかりと出来ない人、このような人に向けて支援を行ってくれるものであり、この採用支援によって、採用が決まる方もおられます。最初に、採用支援を受ける前には、かなりの無愛想で嫌な感じの第一印象だった人が、支援を受けることによって、めきめきと上手な挨拶などが出来るようになるからです。